屋根塗装

お家を守る最前線、それが屋根です

①トタン屋根の塗り替え

1.施工前 艶が引け色褪せも目立ち、錆が出ています。

2.ケレン(錆落とし)後、高圧洗浄をして付着している汚れを落とし、塗装に適した下地を作ります。

3.錆止め塗装 錆止め効果のある塗料で下塗りします。雪止めや折板部など、錆が出やすく平でない所は、刷毛で丁寧に塗ります。

4.上塗り塗装 通常、上塗り用塗料を2回塗ります。耐候性の良い2液タイプのシリコン樹脂塗料以上のグレードを推奨。

雨の日の撮影(撥水効果で、雨粒が玉になり流れています)

②コロニアル屋根の塗り替え

1.施工前 年月が経ち、汚れが目立ち、藻も生えています。

2.高圧洗浄

↓高圧洗浄後

破損部分をコーキング補修します

3.シーラー塗装

2液タイプの浸透性シーラーを全面に塗布します。
浸み込み固まりますので、下地面の強化と塗料の吸い込みを食い止めます。
下地の傷み具合により、シーラーを2度塗りする場合もあります。

下塗りの後、タスペーサーという部品をスレートの重なり部分1枚1枚に差し込み、最後の「縁切り」作業を行わない方法を選択する場合もあります。

4.2液シリコン塗料を2回塗りします。

*タスペーサーを設置しない場合は、スレートの重なり部分の1枚1枚にカッターで「縁切り」という作業を行い、塗料で密着してしまった縁に切れ込みを入れます。これにより、下地合板への雨水の進入を防ぎ通気性を確保します。

③瓦調金属屋根塗装

1.施工前全景 一見すると瓦のように見えます。経年の中で、錆が発生しておりました。

2.下地処理及び洗浄 ペーパーやマジクロン、工具で錆落とし、その後高圧洗浄をします。塗装に適した下地を作ります。

3.下塗り エポキシ錆止め塗料 塗装

洗浄後よく乾かし後、屋根全体に錆止め塗装をします。屋根の形状が複雑でローラー塗装が不可でしたので刷毛で塗装します。

4.中塗り  2液シリコン樹脂塗料 塗装

下塗りを良く乾かした後に、耐候性の良い2液シリコン樹脂塗料を塗装します。こちらも刷毛で塗装しました。

5.上塗り 2液シリコン樹脂塗料塗装

中塗りを良く乾かした後に、中塗りと同じ材料で上塗りします。こちらも刷毛でひたすら、塗装します。

6.完成

東北の屋根は雪が積もる等過酷な環境にあります。塗装を長く持たせるには、確実な施工と塗料の選定が重要になります。当社では、屋根塗料は2液形シリコン樹脂塗料以上のグレードを推奨してます。

④遮熱塗料による屋根塗装

<遮熱塗料とは?>

  • ・簡単に言うと太陽の赤外線熱を効率よく反射させ、屋根の温度の上昇を軽減させる塗料です。
  • ・実験の様子  

                   1.サンプル板に熱源ランプを当てます。          

                                左:通常塗料 右:遮熱塗料

                  2.時間が経った後、計測器で温度を測ります。

                              

                 3.通常塗料の表面温度54℃に対し、遮熱塗料は41℃と差が出ています

               

                   あくまで、実験上の数値ですが、効果が解ります。

 

1.施工前、鉄素材の屋根です

2.錆落とし、高圧洗浄後 下塗り塗装

下塗り塗料にも遮熱効果のあるものを使用します。白い部分が下塗り塗料です。

3.上塗り塗装 2液弱溶剤のシリコン樹脂遮熱塗料で2回塗装します。

見た目は普通の塗装ですが、表面温度は、触ってその差が、ハッキリ実感できます。
(ご注意:表面温度の低下が、そのまま室内温度に反映されるものではありません。)

                            

ページの先頭へ