鉄部塗装

塗装は金属を限りなく守り続ける

塗装には、美観の他に基材の保護という重要な役割があります。鉄は腐食すると錆びて穴が開いてきます。穴が開きますと、強度が下がり、部材によっては交換が必要な場合があります。定期的に塗装する事で、錆の発錆を防ぎ、基材を守る事が出来ます。

①ケレン・清掃

経年の劣化で錆が発生し場所をマジクロンなどで錆落としをします。

②錆止め効果のあるエポキシ塗料を下塗りします

錆止めには、防食効果の高い2液タイプのものなど種類がたくさんあります。塗装する前には、どういった錆止めを確認するもの重要です。

※特に錆がひどい箇所は、2回塗りなどでより補強します。

③中塗り 上塗り

耐候性の良い 2液のウレタン塗装をします。錆止め塗料は、錆止め効果はありますが、紫外線や雨水に耐える力は弱いです。そのため、紫外線や雨水から錆止め塗料を守るため、耐候性の良い塗料で 中塗り・上塗りをします。

④完成

綺麗に仕上がりました。良い錆止めと耐候性の良い上塗りで鉄部を保護します。

ページの先頭へ