大切な住まい守ります

塗り替えで、お家を守る。そして気分もリフレッシュ。

(1)水との戦い、建物の宿命

「建物を長持ちさせるには?」
月日が経つと、雨、雪、風、太陽の紫外線や熱、冬の低温、氷結などによって、自然と建物は少しづつ痛んできます。特に雨水は日本の家屋にとっては大敵です。 目に見えるひび割れは勿論、劣化した壁面などからも水分は浸み込んでいきます。浸み込んだ水分は、建物内部の構造部を弱らせ(腐食)その寿命を縮めます。定期的に塗替えることで、塗料被膜の防水効果が持続され、建物を長持ちさせます。

(2)キレイは暮らしの潤い

「キレイを持続させる塗料って?」
お庭を手入れし、玄関やお部屋に花を飾り、好みの家具に囲まれ、時にはカーテンを取替、車は洗車しピカピカにワックス掛けします。・・・・ 豊な暮らしは、機能だけではなく、潤いも求められます。お家も綺麗になると、気分は最高リフレッシュされ、心の満足度倍増です。
近年塗料の品質もどんどん良くなって、長持ちするようになってきました。長期にわたってキレイを持続させるような塗料を選ぶことも重要になってきました。

(3)塗り替えはオーダーメイド

「一軒一軒の現場調査が重要です!」
建物の塗り替えは、一軒一軒しっかりと現場状況調査を行い、その調査に基づいて、どのような方法手順で行うのが最適かを判断しなければなりません。また建物の建て替え計画や今後の増改築予定なども考慮しなければなりません。言わば、私たちが自分の体に合わせて洋服をオーダーメイドするようなものです。材料、色、塗装仕様など、お客様の要望、考えを十分お聞きすることが重要であります。
ページの先頭へ