コーキング工事の実例

もっとも多い、つなぎ目からの雨水侵入をストップ

①窯業系サイディングボードのコーキング打ち直し

1.施工前 外壁ジョイント部が硬化し亀裂が入っています。

2.既存コーキングを撤去します。カッターや専用工具を使います。

3.目地部をテープでマスキングし、プライマーを塗布してコーキング材の密着を良くします。 

4.コーキング材を打ち直し、ヘラを使い平にならします。

5.テープを剥がして完成です。

これで、目地からの雨水侵入を、しっかり防ぎます。

当社では10年程度経過した建物では、コーキングが劣化し弾力性が失われている可能性が高いので、“打替え”を推奨しております。

ページの先頭へ