防水工事

浸水源を探り、進入を断つ

当社では、塗装工の他に屋上やベランダ防水工事も対応しております。詳細はお問い合わせください。

<対応工法>

  • ウレタン塗膜防水
  • シート防水
  • FRP防水

ウレタン塗膜防水 (通気緩衝工法)

新設時に施工されたシート防水を撤去して、あらたにウレタン防水の通気緩衝工法を施工しました。通気緩衝工法は、通気効果と緩衝効果を併せ持つシートの上にウレタン塗膜防水層を塗り重ねた、準密着・絶縁式の複合塗膜防水工法です。

<工法の特徴>

  • 防水層が下地と部分密着しているので、優れた安定性と耐久性を発揮します。
  • 通気緩衝層が下地の水分を逃がすので、膨れを防止するとともに下地の挙動を鑑賞し、下地クラックのゼロスパンテンションから防水層の破断を防ぎます。

①施工前

シートに膨れや剥がれなどの症状が出てきてました。

②シート撤去

既存の防水シートを撤去します。

③通気緩衝シート貼り

シート撤去後通気緩衝シートを貼ります。

④防水工事

シート貼り後、ウレタン防水層をコテで3層塗ります。

⑤仕上げ

最後にトップコートをローラーで塗装します。

⑥完成

防水をウレタン防水層でとり、耐候性の良いトップコートをする事で紫外線などからの劣化を防ぐ効果があります。 トップコートは、数年に一度塗り替えをする事を推奨します。

ページの先頭へ